トップ > コラム > コラム No.603
 
トップ > コラム > コラム No.603

#603 / 2008.10.13

メタボは生き残れない

旧友達がだんだん恰幅良くなっているのを見て、一抹の不安を感じます。

年齢とともに基礎代謝が落ちつつあるのはわかります。
日々に忙殺されて自発的に運動できないことも重々知っています。
それにしては、あまりにも肥えていくのが速すぎませんか?

自分の周囲だけなのかなと思いましたが、街中で目にするドライバー達の多くはわりと恰幅が良かったりします。
肥えた人ほどスポーツカーに乗りたがるなんて都市伝説もあるようですが、それはさておいても、多いです。

せっかくいいクルマに乗っているのに、ビジュアル的に残念で仕方がない。
どんなに凛とした表情をしてみても、胴回りを覆う贅肉が鈍重さを暗示させてしまう。

ポチャやメタボなんて親しみやすそうな呼称もあります。
確かにガリガリな人よりは人当たりがよさそうな雰囲気は感じます。

ですが、本当にそれでいいのですか?

海外では肥えている人は仕事ができないと烙印を押される、と聞いたことがあります。
自分の体1つ管理できないようでは、ビジネスで成功を収めるなんて無理という論理です。
ひどい話ですが、日本でも厚生労働省が2008年度から健康保険組合にメタボ対策を義務付けたぐらいですから、もはや関係のない話ではなくなってきているのです。

なぜ肥える?

そもそも、なぜ人間は太るのでしょうか。
直接的な理由は消費カロリーより摂取カロリーが多いこと、つまり運動量以上に食べるからです。
もっと突き詰めると次の2つに集約されると考えます。

  • 欲望に打ち勝てないから
  • どーでもいいと思っているから

目の前にビールやお菓子を出されて、つい口にしていませんか?
移動1つ面倒くさがって、いちいちクルマに乗り込んだりしていませんか?
今日でなく、永遠にこない「明日」からダイエットすれば何とかなると言い訳していませんか?
誰も振り向いてくれないから、自分の容姿すらどうでもいいやと諦めていませんか?
太っているけど「これは本当の私ではありませんよ」と自己弁護しながら生きていませんか?

これらすべて、なんとも負け犬的な発想です。
これでは烙印を押されるのも無理ありません。

スリムじゃない。
たったそれだけのことでネガティブな印象を与えてしまうのです。
肥満自体はいいとして、肥満を引き起こした意識のままこれから生きていくのですか?

今日明日で激やせできる方法は知りませんが、太り続けることをやめる方法は知っています。

自分を甘やかさないこと。

私は以前、残業続きで深夜12時過ぎにコンビニに通ってしまったことがあります。
ただでさえ空腹なので見るからにおいしそうな500kcal超の弁当や「自分にご褒美」なんて安いチョコやデザートを買い込んでは食べていました。
そしたらあっという間に体重70kgを超えてしまいました。

ある日、同僚の「お前最近太ったんじゃない?」の言葉で気づきました。
「そんなことないよ」と否定したものの、鏡を見たら頬がぷっくりしていたのです。
朝8時30分から深夜12時過ぎまでの激務だから本人は消費カロリー>取得カロリーだと思って夜食をガンガン食べていたのですが、実はそれが原因だったのです。

恥ずかしい話ですが、自分は動いているしまったく大丈夫だと思っていました。
でもそれは自分の脳内だけでした。
食べたら寝るだけの夜食ですから、太るのは当たり前です。
それ以来、深夜の飲食が怖くなりました。

いまでも深夜12時過ぎにコンビニに行きます。
確かに空腹ですが、そこで自分を甘やかしてしまうとまた太るから雑誌の立ち読みだけでコンビニを後にするようにしました。
もちろん基本的に晩御飯は食べますが、深夜12時以降は食べないようにしました。
代わりに朝と昼のご飯をしっかり食べるようにしたら徐々に体重が減ってきて、65kg前後まで推移しました。
それがちょうど8年ほど前、コラムを本格的に書き始めた時期の話で、今でも同じ体型を維持しています。

これはほんの一例ですが、まずいと思うことと継続する気力があれば、人間元に戻せることはできるのです。
ただ残念ながら劇的に変われる妙薬なんてなく、少しずつ変わっていくしかないというところです。

今からはじめてみること。

今でこそクルマに乗れていても将来クルマに乗れるとは限りません。
2008年だけで原油高と自動車産業の縮小をダブルで体感しているのですから、これが続かないとは言い切れません。
もしかしたら10年後は、移動手段が徒歩や自転車に回帰しているかもしれません。

そもそも国自体が貧しくなっているし食料自給率だって40%もない国なのです。
自分の健康を損ねて入院したら、今度は自分が重すぎて動けなくなったなんて洒落にもなりません。
メタボっていてもほっといてくれなんて、10年後にはきっと言えない状況になっていると思います。

現実を直視して、地道に改善していくこと。
「肥える=自己管理すらできない」なんてはっきり烙印を押される時代になってからでは、肥えているほど不遇をかこつようになるでしょう。

今からでも遅くないですから、変われると信じて行動してみませんか?

深夜のコンビニで我慢を鍛えよう。

サイト内リンク