トップ > コラム > コラム No.599
 
トップ > コラム > コラム No.599

#599 / 2008.09.14

そっとさげる人

あせってもどうせ信号に引っかかるから、そっとアクセルペダルを緩め、ブレーキダストを少なくしたいから、そっとシフトダウン。

停車時のGを減らしたいから、そっとブレーキペダルを踏み、周りに迷惑をかけたくないから、そっとステレオのボリュームをダウン。

いつも全力でなくていいのです。

力を出さなければいけないときはあります。
ときには自分の能力以上のものを求められているときも、もちろんあります。

でも、そんな時ばかりなわけではないのです。

「100%であるべき」という固定概念に縛られて少しでも足りないとダメだというのは、少し考えれば異常だとわかるはずです。
あなたは駒でもなんでもないのだから、やれることをしっかりやれればそれでいいのです。

なんでもかんでも相手の希望通りに100%応えられるようになってしまったら、それはそれでつらいものですよ。

そっとダウンしてみよう。

追記(2008.09.14記)

考えてみたらそっと落とせるということは、今の自分の状況がちゃんとわかっているということです。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク