トップ > コラム > コラム No.594
 
トップ > コラム > コラム No.594

#594 / 2008.08.11

探さないでください

蒸発とは、よく言ったものです。

確実に昨日存在していたのに、今日になったらまるで消滅してしまったかのように。

どこにある?
どこにいる?

普段まったく気にしていなかっただけに、失うとものすごくあせります。


失くしたものはなんですか?

もしもそれが物ならば、探さないでください。

探す時間がもったいないです。

紛失したからと焦って探す以前に、なぜ所定の位置に置かなかったのですか?

部屋が雑然としているのも一因ではないですか?

そうやって物を紛失することも、長い人生においては1つの勉強代を払っているようなものです。

クルマの鍵や運転免許のようになくなって困るものなら、失くさないように1箇所にまとめておいてください。

「雑然としても人間死にはしない」なんて言葉がありますが、これは半分本当で半分嘘です。

平均的なビジネスマンが探し物に費やす時間は、年間約150時間といわれます。

週5日で年間50週働いたとして年間250日ですから、一日当たり平均36分も物探しに費やしている計算です。

言ってみれば「雑然としていると、毎日36分ずつ死に近づく」のです。

もちろん読者のすべてがビジネスマンだとは思っていません。

しかしどんな立場であれ、探し物であなたの時間を切り売りしてしまう愚行は今日限りにしませんか?

探し物をしないですむ環境を作ろう。

追記(2008.08.11記)

とりあえず、考えられるのは、
・部屋や車内を雑然としておかない
・所定の位置に物を置く
・そもそも、余計なものは全部手放す
の繰り返しだと思うのですが、どれか1つでも抵抗感を感じたらこのサイクルがまわりません。

自分の経験から言えば、一番最後だけ容赦なく実行できれば、あとは全部うまくいきます。

サイト内リンク