トップ > コラム > コラム No.59
 
トップ > コラム > コラム No.59

#59 / 2001.08.16

ナンバーズ2

私は5ナンバー車が好きです。

小さなクルマはフットワークがいい。
エンジンが思いっきり使いきれます。

なにより、私には合理的なところが魅力的です。
大きくて高価なクルマばかりが技術の結晶ではありません。
小さなボディという制約を跳ね除けながら、そのクルマの性格を巧みに表しています。
広々室内空間5ナンバー、上質感あふれる5ナンバー、スポーツカーを抜き去る5ナンバー。

これこそ、上級車以上の技術の結晶です。

我々は技術の結晶に乗っています。
クルマ造りに携わっている人たちの魂です。

そして、技術は進化しつづけています。
だからこそ、これからクルマはどんどん大きくなっていくでしょう。
安全対策、高級感、多人数乗車の需要がキーワードになっています。

でも、私は小型車に乗りたいのです。
大きくなって大きくなって、自分を見失うくらい肥大化することが怖いです。

「駿馬も太れば、ただの駄馬」
90年代の教訓はどこへやら。

原点に戻ろう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク