トップ > コラム > コラム No.585
 
トップ > コラム > コラム No.585

#585 / 2008.06.09

マイナスの感情

拝啓 ドライバーのみなさま

あせるな、おこるな、いばるな、くさるな、まけるな。
あおいくまでも書きましたが、その後いかがでしょうか。

巷では些細なことで感情にとらわれすぎて、悪い結果を引き起こしてしまう人が増えていると聞きます。
クルマごと子供達の列に突っ込むとか、果ては練炭を持ち込んでクルマを棺桶にしてしまう人さえいます。

あせっているからろくなことにならないのだし、怒っているからろくなことにならない。
いばっているからろくなことにならないのだし、くさっているからろくなことにならない。
そして、負けていると考えるからろくなことにならないのです。

たしかに人間である以上、感情を持つことは否定しません。
しかし感情には2種類あって、人を元気にする行動を起こさせるプラスの感情と、人を傷つけ悲しませる行動を起こさせるマイナスの感情があります。

マイナスの感情を持っていけないわけではありません。
マイナスを考えることで自分の考え方に深みがうまれるのですから、単純にマイナスの感情を否定すればいいわけではないのです。

そうではなくて、マイナスの感情だけが一人歩きしてしまうから悪い結果になるのではないかと思うのです。

人間だからあせったり、怒ったり、いばったり、くさったり、あるいは負けていると感じたりすることはあるでしょう。
でもそんなことは、人生の数十年からみればまったく取るに足らないことです。
取るに足らないものだったら、感じる必要はありません。

だから極端な話、いらないということです。
いらないのですから、マイナスの感情に縛られる必要もないのです。

長い視点で考えてみませんか?
今あなたが考えているマイナスの感情は、きっと思ったほどはたいしたことありません。

事実、あなたは何日もあせり続けていますか?
何日も怒り続けていますか?
何日もいばり続けていますか?

おそらく、ないと思います。

人は怒り続けても、せいぜい1〜2分程度が限界だと聞いたことがあります。
ということは感情が爆発しても、せいぜい数分間しか続かないということです。
ときに30分以上も怒り続けるような人がいますが、過去の件まで引っ張り出して怒ったりするから長いと錯覚してしまうだけです。

つまり感情が高ぶっても、数分たてば平静に戻れるものです。
わざわざ過去の悩みをむしかえしたりでもしなければ、マイナスの感情に囚われ続けるまでもないのです。

とにかくマイナスの感情から衝動を感じたら、数分間だけ我慢してみればよいのです。
あなたがこれからマイナスの感情で悪い結果を引き起こす事態は、きっと避けられるでしょう。

末筆ながら、マイナスの感情程度に縛られないあなたでい続けられることをお祈り申し上げます。

敬具

衝動は数分間だけ我慢しよう。

サイト内リンク