トップ > コラム > コラム No.554
 
トップ > コラム > コラム No.554

#554 / 2007.11.19

ガチャ切りミゼラブル

ガチャ切りする人に幸せは来ません。

電話1つまともに扱えないから?
受話器や電話機を乱雑に扱うから?

確かにどちらの理由もあります。
しかし一番の理由は、それらのどちらでもありません。

他人の気持ちに鈍感であることが、最大の理由なのです。

そもそも、なぜガチャ切りするのでしょうか。
電話の力を借りなければ怒れないチキン人間か、自分が要件を告げれば終わりだと考えているお子ちゃまだからです。
そういうことをしなければ意思すら表現できないのですから、なんとも憐れなものです。

無理して自分を押し通そうとして自分本位に振舞っても、得られるのは憐憫(れんびん)だけです。
それが、あなたを幸せから遠ざけているのです。

合流車線から渋滞の列に無理やり割り込まれたときを想像してみてください。

長い渋滞の列に巻き込まれて動かないことにやきもきしていると、脇から要領よくやってきたクルマがサッと前に割り込む。
聖人ならいざ知らず、私などはまったく気持ちのいいものではありません。

しかし経験上、こういう人は絶対幸せになれません。
それを思い出すと、私は不思議とスッとします。

自分本位で周囲を気にかけない人で幸せになった人は、私が生きてきた中で誰もいません。
たいてい人かお金のトラブルで、私の見えないところへいってしまいます。
万人受けする法則とも思えませんが、自分本位な人は改めることを知りませんからそういうものなのでしょう。

周囲を大切にしない人は、自分が苦しくなるだけなのです。

仕事なら、同僚や上司、あるいは協力会社の皆さん。
家庭なら、すべての家族たち。
学校なら、クラスメートや先生方。

これが公道ならば周囲の車両や歩行者だし、お店にいけば店員さんや掃除のオバさんもそうです。
単純に人だけで言えば、ちょっとでも周囲にいたり、縁のある人すべてです。

これらの人に敬意を払うからこそ、相手もあなたを尊重してくれるのです。
どこかの将軍様よろしく「お前ら一方的に敬え!」では、永遠に幸せにはなれないのと一緒です。

人ではなくて物やお金でも、まったく同じです。
来る人が物やお金も連れてきて、離れる人が物やお金も奪っていくイメージです。

だから、まず人が寄らないことには幸せにはなれません。
そのため、他人の気持ちに鈍感では人も離れ、結果として幸せから遠ざかっていくのです。

結局、大事にする人のところに人は寄ってくるし、邪険にする人から人は離れていくのです。
それが、徐々に幸せへと繋がっていくのです。

まず、近くを走るドライバーから敬意を払おう。

サイト内リンク