トップ > コラム > コラム No.552
 
トップ > コラム > コラム No.552

#552 / 2007.11.11

走り続ける10の方法(11) - グレードダウン

いいクルマに乗ると下げられません。

segment syndromeでも書いたように、なかなか落とせないのです。
だから維持費が苦しくなるのですが、世の中の99.9%の人達はあなたに関心があるわけではありません。

ボリュームと同じで、グレードを下げるとものすごくみすぼらしく感じます。
でも、そう感じるのは自分だけなのです。

世の中を見てください。

あなたから見てカッコいいクルマが、いったいどれくらい走っていますか?
ごく普通のミニバンやコンパクトカーばかりではありませんか?

これらのクルマがカッコ悪いといっているわけではありません。
大半の人たちがごくごく普通のクルマに乗っていて、それぞれが自分のクルマはいいクルマと思っています。
そして他人であるあなたのクルマを見て羨む人は、そのうちの何割も居ないということです。

変な話、他人のクルマがなんであろうと自分には関係ないものです。
だからもし、あなたが明日から車種グレードを下げたとしても、他人にはどうでもいいことです。

見られていると思うのは、ただの錯覚です。
錯覚ごときに1人でクヨクヨしても、まったく意味がないのです。

堂々とグレードを下げよう。

サイト内リンク