トップ > コラム > コラム No.542
 
トップ > コラム > コラム No.542

#542 / 2007.11.11

走り続ける10の方法(1) - 10箇条

1リッター90円。

久しく聞かなくなりました。
ガソリン単価が本当に100円を切っていた時代があったのです。
それもこの21世紀に。

今ではどうでしょう。
東京都内ではレギュラーガソリンですら単価150円を掲げるところも珍しくありません。

ドライバーにとっては不遇な時代です。
原油価格は高騰し、税制はいまだに倍額近く払っていて(参考:肥大化インディビジュアル)こと自動車を維持し続けることすら難しい。
やっとお金が工面できても保険代や携帯代で、クルマの維持すら怪しい始末です。

手放すことも1つの選択ですが、私のような地方都市在住者にとって「アシ」を闇雲に手放すわけにもいきません
また趣味や嗜好品であることから、クルマを大事にしている人に手放せと告げるのは酷です。
そうではなくて、どうクルマを維持していくかを提言したほうが建設的です。

そこで考えたのが後述する方法です。
もちろん、すべてを実行する必要はないし、私も強要するものではありません。
しかし、実行すれば少なくとも生活費で赤字になる可能性はぐっと減らせるでしょう。

クルマは便利なものですが、それによって生活を苦しめる可能性ももっています。
ですからここに挙げる事柄は、これからの時代を生き抜いていくための防衛策ともなりえます。
クルマだけでなく生活費を見直したい人にとってもお役に立てれば、と考えています。

前置きが長くなりました。
クルマで走り続けるための10の方法を挙げてみます。

<クルマに乗り続ける10の方法>

詳細は、次回以降のコラムでまとめていきます。
とくに次回では、そもそもなぜこの10項目なのかを説明します。

お金にまつわる項目もいくつかありますが、私はそれだけではないと考えます。
クルマを維持していく以前に、まず何事もなく生きていけることが大前提となります。

ずっと生きていくことをベースに考えていこう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク