トップ > コラム > コラム No.54
 
トップ > コラム > コラム No.54

#54 / 2001.08.13

カーシェアリング

CarSharing。
みんなで1台の車を使いましょうということです。
地球温暖化防止策の一環です。

新聞によれば、欧米を中心にこうした動きが盛んになっているようです。

  • 米国:オレゴン州ポートランド市
    会員制カーシェアリング会社設立。現在会員550人、クルマ28台。
    ガソリン代も含めて250ドル(約31,000円)の保証金が必要。
    1時間あたり2ドルに加え、12マイル(約19km)につき40セントを支払う。
    年会費が100ドル。年間使用料は600ドル。
    ある利用者は車維持に年間3〜4,000ドルかかっていたといいます。
  • 日本:首都圏
    交通エコロジー・モビリティ財団が今秋から3ヶ月間、実験開始。
    ガソリン車で大気汚染やCO2の削減効果、採算を検証するとのこと。
  • スイス:ルツェルン
    世界最大のカーシェアリング組織「モビリティー」。
    国鉄・カーシェアリング共通カード(444スイスフラン[約31,500円])
    →2年間鉄道料金が半額。
    会員数43000人。貸出ステーション875箇所。車両台数1600台。
    環境意識向上、用途で選べるクルマ、愛車の走行距離減と経済的です。

まだまだ日本では、マイカー志向が強いです。
かくいう私も、マイカー志向者です。
ですが大都市部では、電車かバスで移動します。

カーシェアリングはCO2削減に有効でしょう。
低公害車利用者が増えます。
クルマを持たない人への選択肢が増えることで、クルマ生産時のCO2排出も減らせると思います。

ちょっと期待しました。
でも、国民の意識は変わりそうにありません。

帰り際見かけた、エンジンかけっぱなしの客待ちタクシー。
それから、エアコンつけっぱなしで寝ているバン。

いつか日本が、熱帯になる前に。

エンジンを止めてみよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク