トップ > コラム > コラム No.530
 
トップ > コラム > コラム No.530

#530 / 2007.08.20

恩寵(オンチョウ)

意外と、神様は降臨してくれるものです。

渋滞でも現れるし、調子に乗ってとばしている時もそう。
フイとやってきては、あなたを爽快感で満たすでしょう。

しかし、神様を降臨させるためには条件があります。
あなたが思いっきり、腹の底から笑うことです。

神様は気まぐれだから、器量の大きい人間だけに恩寵を与えます。
ピンチを感じた時に、ただ焦ったり周囲に当り散らす小物が恩寵を受けることは、まずありません。

そもそも本当のピンチは、生命を奪われることです。

それに比べればピンチの99%は、とるに足らないことです。
つまりたいしたことでもないことを、感嘆符代わりに「ヤバイ」と誇張している人が多すぎるのです。

遅刻、失恋、倒産。
それらは確かにトラブルだけれども、明日を生きられるかもわからないピンチに比べれば立ち直れる余地はあります。

何でもかんでも安易に恩寵を求める人が増えたから、神様も恩寵を与える人を見定めているのです。
神様は神様で、結構忙しいのです。
器量の小さい人にまで構っている余裕がなくなってきたのです。

だから、神様は我々の器量の大きさを見ているのです。
ピンチに思いっきり笑える人ほど、神様に好印象なのはそのためです。

腹の底から、思いっきり笑おう。

サイト内リンク