トップ > コラム > コラム No.53
 
トップ > コラム > コラム No.53

#53 / 2001.08.13

テレぽん

私は電話を持っています。
自宅とPHSの1台ずつありますが、自宅のはまったく使っていません。
どこでも持ち歩けるPHSに頼りっぱなしです。
ついでにいえばインターネットに繋いでいるのもPHSです。

私は常にマナーモードにしています。
着信時に無音で震えます。
これだと自分で気づかないこともありますが、相手に気づかれることもないのです。

かかってきたらすぐ出るのは当たり前です。
でもいつだって即応できる状況なんてないはずです。
運転中はいうまでもなく、映画に行った時、移動中、デートしている時など。

映画館でけたたましい着信音が鳴ったら、鑑賞中のお客さんはどういう気分になるでしょう。
バスや電車内で通話したら、周りの乗客や医療機器をつけている人はどういう気分になるでしょう。
楽しく会話している時に、突然かかってきた電話にでたら相手はどういう気分になるでしょう。

そう考えれば、むしろ即出られない状況が多いです。
それでも電話に出なきゃというのでは、目の前の相手にたいして非常に失礼です。

「ごめんねぇ突然鳴っちゃって」なんてセリフは聞きたくありません。
どうせ着信履歴は残るのだから、後でかけなおすか、最初っから電源を切っておけばいいのです。

運転中の電話も同じです。

最近でこそ、クルマの中で通話する人が減ってきました。
これはいいことです。
電話ほど運転を妨げるものはありません。

私は車中でかかってくると、たまに出てしまうのです。
まずいと思いつつも出てしまいます。
あとでかけ直しますと、相手に断るために出るだけです。
本当ならば「運転中モード」にすればいいのです。
しかし、いちいちモード切替なんて面倒くさいから、ずっとマナーモードにしっぱなしです。
まだまだ未熟なのです。


マナーがなっていない。
うるさい着メロ。
うるさい会話。
なぜかご自慢の着メロを響き渡らせる。

あぁ、君のは16和音のきれいな着信音だねなんて間抜けなことを考えてる人はいません。
他人の着信音なんてうるさいだけ。
だから、私は常にマナーモードなのです。

話し声も気をつけましょう。
電話中は知らぬ間に声が大きくなるものです。
話が盛り上がるのは仕方がないことです。
だから声が大きくならないように保つのが難しいのです。
でも、話している当人は気がつきにくいものです。

それでも減りません。
きっとこんな事を書いていると、「私の携帯なんだから、私の勝手だろ」と言われそうです。
まさしくエゴ。
くだらない個人主義ここに極まれり、です。

本屋で騒ぐ子供達みたいなことは、しないでください。
それを野放しにする親にもなってはいけません。
個性を出そうとしてオヤジ丸出しじゃ奥ゆかしくありません。

その心配りのなさで目前の相手を寂しくさせないでいただきたいのです。

目の前で話されると相手はどういう気分になるか考えよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク