トップ > コラム > コラム No.52
 
トップ > コラム > コラム No.52

#52 / 2001.08.11

カー・ゲイザー

非常に陰険、かつ危険です。

彼はそこにとどまって、凝視しています。
彼は、思わぬ場所に現れます。
彼は、赤い怪光線を放つと云います。

テレビゲームにも、この手のモンスターが現れます。
雑魚ながら中ボスクラスの攻撃力を持っていたりします。
しかし、そいつらなど目ではありません。
彼には、一撃必殺の怪光線があります。
オービスはまさに「隠れモンスター」です。


速度測定路線を走ると、ついそう思います。
一方的に監視されるだけにしか思えません。
わざわざ隠すように設置しているのも、たまらなく嫌らしいです。
何より、捕まえてやろうとしているところが、あからさまに見え見えです。
最近、イギリスではわざと目立つようにと、オレンジ色に塗り替え始めました。
ですが日本では、いまだに目立たないグレー色のままです。

速度を出さなければよいだけなのです。
おとなしく人様に迷惑をかけないよう走ればいいのです。

そうです。
まさしく、その通りなのです。
交通安全のために働く警察署職員から聞かれそうな言葉です。

しかしながら。
2001年7月、東北道下り那須インター1km手前で、赤色灯灯火中の薄金色セダンに抜かれました。
そのセダンは、115kmで走っていた私を「軽く」ブチ抜いて那須インターへ消えていきました。

2001年春、国道4号線上り仙台市泉区内で、やっぱり赤色灯灯火で抜いていった白のR34スカイライン。
凄みながら声張り上げなくても通してくれます。取調室ですか?

どうやら赤色灯には、「特権階級」なる魔法がかかっているようです。

すごいです。
私も赤色灯を持っていたら、自由奔放に振舞っているかもしれません。

「あなた達は監視されています。私達は特権階級です」
私は「すべて平等主義」者ではありませんが、権力者の論理は大っ嫌いです。

アダムとイヴの話を思い出しました。
彼らは神から「禁断の果実」を食べてはいけないと約束されました。
しかし果実を食べた2人は、楽園を追放されました。

彼らは、自由ではなくなりました。
赤色灯は「禁断の果実」、かもしれませんよ。

こみあげる特権意識は抑えよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク