トップ > コラム > コラム No.518
 
トップ > コラム > コラム No.518

#518 / 2007.06.16

維持費シミュレート

知るためにはお金がかかりますが、 無知でいることは、もっとお金がかかります。

クルマは持つだけでお金がかかります。
しかし具体的にいくらかかるかを把握している人は意外と少ないのではないでしょうか?
せいぜい把握していても、満タンで何円ぐらいか程度の認識しかないかもしれません。

私も、あまり意識していませんでした。
大富豪ではありませんが、きっちり切り詰めているしローンは抱えていないからです。
ガソリン単価が値上がりする時と、車検と自動車税納付の期限が近づく時にやばいなぁと思う程度でした。
もしかしたら皆さんのなかにも同じ認識の方が、結構いらっしゃることでしょう。

一見すると問題がないようですが、こういう人がクルマ貧乏に陥りやすいです。

クルマに乗る以上は、どれだけ維持費を支払わなければならないかを知っておくことです。
もう、賞与や年金はあてにできない時代です。
将来的にクルマを泣く泣く手放さないようにするためにも、コストを知るといいかもしれません。

その前に、あなたにまず質問です。
維持するために毎月かかる固定費と、ガソリン代やオイル交換などの変動費。
あなたが多く支払っているのは、どちらでしょうか?

大半の人は固定費を多く支払っているはずです。
これは後述する維持費概算シミュレーションを行なってもらえばわかりますが、 クルマに乗ろうが乗るまいが、確実にお金がかかるという現実です。

とくに駐車場代や自動車税、自動車保険など、車両維持に欠かせない費用の割合が大きいのです。
もっと言えば、車両維持費に比べれば原油価格高騰なんかたいした問題ではありません。
その現実を知って、各種維持費を見直してみることは有益だと思うのです。

一番お金がかからないのはクルマを手放すことですが、このサイトの趣旨にあいません。
なんとかやりくりしてみる方法を考えてみました。

よく自動車をテーマにしたサイトの多くは、自動車保険見直しやガス代削減について書かれています。
私もそれらは有効だと思うので、Webの自動車保険一括見積サービスや出光カードまいどプラスをおすすめしています。

しかし、本当に見直すべきは駐車場代なのです。

自宅でなく駐車場を借りる場合、これが結構かかるのです。
しかも毎月振込だったりするとコストを意識しなくなりがちです。
とくに人口密集地ほど高く、東京では月額20,000円以上もする駐車場もあるといいます。

仮に月10,000円の駐車場代がかかったとして、年間120,000円、10年で1,200,000円。
10年間停め続けると、クルマ1台買える金額を駐車で支払うことになります。これは結構大きいです。

場合によっては、小さいクルマに買い替えることもありです。
#348 コストプランでも書きましたが、排気量や車格に応じて税金や保険料も増えていきます。
つまり小さいクルマに替えればその分、負担は軽くなります。

ただし、しばらくはみすぼらしく感じてしまうでしょう。
昨日まで高級車を乗り回していた人が、今日から軽自動車に乗ろうと思っても心理的に抵抗があるはずです。
もし乗り替えるなら、お金に余裕があるうちがいいです。
お金がなくなってから替えると、仕方なく替えたと感じてしまうでしょう?

見栄と実益。
どちらをとっても構いません。

1つだけ言わせてもらえば、見栄に終わりはありません。
あなたの欲望で自滅したくないのなら、実益をとることをお勧めします。

あなたが意識しているほど、他人はあなたを見ていないものですよ。

固定費を優先的に削ろう。

追記(2007.06.17記)

あなたに今ある負担を少しでも和らげてもらいたく、 私は自分のもっている情報を広く公開したいと考えています。

今回のコラムを書きながら、簡単な維持費概算シミュレーション(別窓で開きます)を作成しました。

少なくともここ最近、私がネットで検索しても
マーチに乗った何歳の女性とか、ヴォクシーに乗った何歳の男性とか
そんなモデルケース事例ばかり見つかって、もっと一人ひとり向けの
自動車維持費シミュレーションがありませんでした。

ないものは作りましょう。
ということで手前ミソながら、簡単なシミュレーション表を作ってみました。
よろしければ、ダウンロードしてお使いください。

なお、もしおかしいところがあったら、管理人までこっそり教えてくださいね。( ´ー`) >メールフォーム

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク