トップ > コラム > コラム No.514
 
トップ > コラム > コラム No.514

#514 / 2007.05.20

徹夜走

あえて徹夜で走りましょう。

仕事や長距離移動などで期限が決っている場合、 ときには、どうしても徹夜で進めなければいけないときがあります。

翌日に着手して間に合うならいいのですが、 たいていそういうケースはまれで、追い込まれて徹夜になることがほとんどだったりします。

そのせいか徹夜は最終手段であり切り札である、というのが一般の解釈ですが、 私は徹夜こそ先にやっておく1つの手段だと思うのです。

今日はここまででいいやと思うと、そこで中断したくなるのが人情です。
そうではなく、あえてもうひと踏ん張りして進んでみるのです。

仕事ならもう1時間だけ進めてしまう。
高速道を走っているなら次のSAまで進んでしまう。

もちろん可能であれば、という条件付きですが、 あとで追い込まれて徹夜をしてしまうよりは、もう少しだけ先回りして苦労してみるのです。

今やらないで後でもっとつらくなるなら、今やってしまうことも1つの方策です。

余裕があるときほど翌日やればいい、となりがちですが、 長期でみて楽を求めるのであれば、あえて今こそ辛さを味わうこともありです。

つまり、つらいことを後回しにしないということです。

今、進もう。

サイト内リンク