トップ > コラム > コラム No.51
 
トップ > コラム > コラム No.51

#51 / 2001.08.08

文化と個性

大リーグのイチロー選手、サッカーの中田選手をはじめ、ここ数年、海外で活躍する日本人は増えています。

祖国を離れて活躍する人間は、たくさんいるのです。
彼らは文化の違いを跳ね除けながら、活躍しています。

クルマ文化はどうでしょうか。
文化圏でまったく異なります。

北米は大きなクルマが好まれます。
ユーザーの体格が大きいこともありますが、大きいクルマが好まれる傾向にあるようです。
トヨタが北米向けブランド・レクサスとして売り出しているのは、日本ではすべて3ナンバー車です。
大型セダンのウィンダムは、かの地では中型ファミリーカーなのです。

対して欧州は小型車中心です。
VW・ゴルフ、プジョー・206と小型ハッチバック車がメインです。
こちらは合理主義なのです。
だから、燃費にも厳しいです。

では日本はどうでしょうか。
小型車も大型車も、まんべんなく売れています。
趣味や嗜好に合わせて、幅広く取り揃えてあります。

ドライバーとして、これは嬉しいことです。
日本では、どんなタイプの車でも乗れるのです。
中心車種がいまいちハッキリしないと言われそうですが、ニーズに幅広く対応しているだけです。

車種が幅広いのですから、もっと日本独自のクルマがあってもいいと思うのです。

たとえば、もっと和風なクルマ。
オール畳張り、すだれつきに加えて、神棚つき仕様車。
和の心を再認識するチャンスです。

シアターカーも面白いでしょう。
薄型液晶ディスプレイとスモークガラスの組み合わせで、劇場空間として使えそうです。
ディスプレイがもっと大きく、もっと薄く、もっと美しくなれば可能になるかもしれません。

誰もが思いつくような個性は、「普通の個性」です。
われわれの発想を抜き去っていくような、「強烈な個性」が求められるのではないでしょうか。

個性を強く打ち出そう。

サイト内リンク