トップ > コラム > コラム No.497
 
トップ > コラム > コラム No.497

#497 / 2007.01.15

Driver 2.0

ドライバーは、もっとスマートでいいのです。

世のほとんどの人は、持つことに執着します。

ものを持つことは確かに大事です。
でも、この方法だと限界があります。

限界とは、ものを置くスペースとお金のことです。
自分が持てるスペースは、どんなにお金持ちでも有限ですし、 また買い替えを続ければ、いつかはお金が底を突くでしょう。

それでも、人は持つことの執着から離れようとしません。
そして執着からどんどん保守的になり、往々にして行動力が失われていきます。

思いきって、持つことから自分を解放してみましょう。

持つ代わりに「利用」するのです。
世の中には、あなたを解放してくれるサービスがたくさんあります。

運転したければレンタカーを借りればいいし、 お酒のあとなら運転代行やタクシーを使えばいい。
本が読みたければ、マンガ喫茶や図書館に行けばいいのです。

インターネットの世界では、「Web2.0」なる言葉があります。
はっきりした解釈はありませんが、あえて私的解釈すれば「ためこまなくていい」ということです。

たくさんの考えやサービスを利用して、自分への負担を軽くしてしまう。
すべての新聞からいちいちスクラップしてためこむような前時代的手法では、限界があります。

考えてもみてください。
川を渡るのに船が必要だからといって、 船を持って旅する人はいませんよね?

なんでもかんでも、持つ必要はありません。

ドライバーも同じです。
ものをなくせば、行動力がぐんと増えます。

ためしに3日間だけ、100円だけで行動してみることです。
ものを買わなくても意外と困らなかったりします。

すると、本当にしなきゃいけないことは何かを真剣に考えるようになります。
雑念めいたものに気が散らなくなり、目的をはっきり意識するようになります。

たくさんのものに心奪われる必要はありません。
運転免許1枚だけあれば、それでいいのです。

3日間100円で行動してみよう。

サイト内リンク