トップ > コラム > コラム No.496
 
トップ > コラム > コラム No.496

#496 / 2007.01.08

カードの恩恵

基本的に、私は借金が嫌いです。

そんな私が物を買いたいとき、手元に購入資金がなければ購入活動に走りません。
仮に購入資金があったとしても、その物の使いみちを想像できなければ購入しません。

とにかく自分が納得できるもので、分相応な値段でなければ買わないのです。
高額なものを手に入れてあとあと支払いに追われるくらいなら、「ないものはない」と諦めます。

分不相応な買い物から、身を滅ぼす。
そんな考えですから、クレジットカードに否定的な考えがありました。

「クレジットカードは、自己破産への片道キップじゃないか?」とすら思っていたのです。
しかし、よくよく調べてみると、必ずしもそうではないことがわかってきました。

結論から言うと、クレジットカードはその人の信用を示すカードです。

こと決済やキャッシングに目がいきがちですが、傷害保険や割引特典を忘れてはいけません。
それは、カード所有者が信用できる人物だから与えられる恩恵なのです。
その恩恵を自分の許容量以上に使おうとすれば、身を滅ぼす。それだけのことです。

だからこそ審査があるわけです。
カード会社だって、のべつまくなしにカードを発行しているわけではありません。

一方、信用を示すからこそ犯罪対策もしておかないといけません。

盗難被害もそうですが、スキミング被害にも気をつけなければなりません。
スキミングとは、スキマーという読取装置でクレジットカードの磁気情報を盗み出す犯罪です。

本当に信用のあるお店でのみカードを使えばよいのですが、 この時勢ですから、本当に誰が信用できるかを判断するのは難しいところです。
大手だからとか、有名だからという価値観で即断するのはお勧めしませんが、 少なくとも、直感で危険だと感じたらカード決済は控えるのがいいでしょう。

つまり使い方次第では、脅威にも恩恵にもなるのです。
桃太郎電鉄よろしく、カードを有効活用すれば、カードの恩恵を享受できるのです。

ここで、私もいろいろ調べてみました。
ドライバー向けのクレジットカードとしては、主に4種類あります。

  1. ガソリン代を割引(あるいはキャッシュバック)できるカード
  2. ETCカード
  3. シートベルト傷害保険付きカード
  4. ロードサービス付きカード

これらの4種類のカードがあるわけではなく、1枚で上記特典が複数付帯されていたりします。
私の持っている出光カードまいどプラスだと、上記すべてが付帯されているのですが、 ロードサービスとシートベルト傷害保険は、年会費がそれぞれかかります。
もしロードサービスをタダにするなら、ドライビングサポートカードやガンダムオフィシャルカード(廃止)が便利です。

他にもいろんなカードがあります。
私も知らないカードがいっぱいありますので、一緒に勉強していきましょう。

クレジットカードというとなんとなく避けていて、いやな上司みたいな扱いをしていました。
しかし、使い方を知れば、強力なパートナーになるのです。

犬と同じなのです。
いやだいやだと逃げ腰になると、かえって犬は吠えてくるのです。
正面から直視して向き合えば、おたがいが理解できる。
たいていは、そういうものです。

避けていたことに、あえて踏み込もう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク