トップ > コラム > コラム No.491
 
トップ > コラム > コラム No.491

#491 / 2006.12.10

裏もったいない

もったいない。
この言葉から、ある人は「消費削減(リデュース)」を知る。

もったいない。
この言葉から、ある人は「再使用(リユース)」を思い浮かべる。

もったいない。
この言葉から、ある人は「再生利用(リサイクル)」を考える。

もったいない。
この言葉から、ある人は「修理(リペア)」を実行する。


環境のことを考えて、これらを実行しているあなた。
地球にも環境にもやさしいことをしているのだと、とても安らいだ気持ちになったりします。
もっともっと「もったいない」精神を発揮しようと思うかもしれません。

それは、もったいない。

世間でよく言われるところの「もったいない」とは、一面しか語られていません。
なぜかきまって、物質的なものをやりくりすることのみなのです。

大半のエコロジストは見える資源の消費には神経質ですが、見えない資産には無頓着なのです。
それが非常にもったいない。

例えば石油危機の今、クルマの使用をやめたとします。

かわりに自転車で行動しましょうとなったとき、移動時間に4倍も5倍もかかったりします。
そうすると石油消費は0でも、時間的には大幅にマイナスです。
競輪選手でもない限り、あなたの疲労度だってバカになりません。

失った時間で何ができたでしょうか?
人に会うことだってできるし、勉強だってできたでしょう。
もしかしたら、別の何かでひと儲けできたかもしれないのです。

大事な資源をうまくあなたの資産に換えることができなかったら、 それこそ、もったいないことです。

それをスローライフといいますか?
違うでしょう。何もしていなかっただけでしょう?

人間の寿命は、およそ80年。
さらに人生の3分の1は布団の中だといいますから、実質は56年。
長いようですが、有限であることには変わりありません。

誰だって今すぐにでも、資産はつくれます。
でも、できれば早いほうがいいです。
そのために資源を使えるかどうかなのです。

もちろんやみくもに資源を浪費するのはいただけません。
でも、消費する資源にみあうだけの資産を求めるのなら、おおいに遣うべきです。
「もったいない」の呪縛で行動を抑制するほうが、もっと「もったいない」です。

使う資源と得る資産で天秤にかけてみること。
「もったいない」を発するのは、それからではないですか?

かけるものと得るもののバランスを考えよう。

追記(2006.12.10記)

誤解のないよう言っときますが、「浪費礼賛」ではなくて「視野狭窄」に警告を発しています。

確かに、いちドライバーとして石油枯渇後のことも考えなければならないけど、 レシプロエンジンにかわる決め手に欠ける今、石油に頼るのは致し方ないところかな。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク