トップ > コラム > コラム No.45
 
トップ > コラム > コラム No.45

#45 / 2001.08.01

古いバカ人形

映画「A.I.」。

その映画は、見る人すべてに深い感動を与えてくれました。
と、同時に、我々にある問いかけもしました。

作中に、こぐまのぬいぐるみ型ロボットが登場します。
彼は人間の男の子にかつては大事に愛されていたらしいのですが、突然投げつけられてしまうのです。
「いらないよ!こんな古いバカ人形!!」

確かこんな感じのセリフだったと思います。
彼は「機械」です。
人工知能が進化して、彼らは感情を持つことができたのです。
そして、言語を操れるまでにいたりました。

彼は投げつけられるとき、何を感じたのでしょう。
まさに、彼は「人格」を否定されたのです。

自分に興味を持たれなくなることは、とても悲しいことです。
人間ならば、わかることと思います。

ところで。

自動車のライフサイクルは早いです。
購入後2、3年で乗りかえる人が多いように思います。
その証拠に中古車情報誌をみると、2年落ち3年落ちの文字をよく目にします。

新型車がよほど魅力的で、乗り換えられたのかもしれません。
オーナーの事情で泣く泣く手放されたクルマもあるでしょう。

言い訳などいくらでもあります。
でも、結局はオーナーに手放されてしまったのです。

すぐ飽きる人へ。
棄てられることには敏感なのに、棄てることには無頓着なのですか。

出会った頃は喜ばれ、数年ですぐに飽きられてしまう。
それは「機械」ではありません。ただの「道具」です。
「道具」は仕事さえこなせれば良いのです。
代わりなどいくらでもあります。
「道具」には思い入れなどありません。

私は、1台のクルマを、動かなくなるまで愛しつづけたいです。
そこまで愛せないのに手に入れてしまうことは、「機械」に失礼です。

永く愛して。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク