トップ > コラム > コラム No.447
 
トップ > コラム > コラム No.447

#447 / 2006.02.19

リズム

人にはリズムがあります。

頭が冴えわたる時間が決まっているのは、その人のリズム。
眠くなりやすい時間が決まっているのも、その人のリズム。

些細なことほど、うまくいかないときがあります。
そこでリトライしてうまくいけばいいのですが、場合によっては傷を拡げたりしてしまうことがあります。

あなたは、ありませんか?
車庫入れ、縦列、シフトミス。
OKのつもりでも、見返してみればNGだったなんてことが少なからずあるのではないでしょうか。

私などはしょっちゅうあります。
午前中の冴えてる時は一発でスパッとクルマを操縦できるのに、昼過ぎの眠くなりやすい時は成功率が落ちます。
これはクルマに限らず、仕事や勉強をしていてもそうです。

うまくいかない原因の1つは、リズムがあっていないからだと思うのです。

何かをしようとするとき、得意な時間帯と不得意な時間帯があります。
考えてみれば、確かに脳が冴えている時と鈍っている時の時間帯とほぼ重なっています。

この時間帯を知れば、もっと効果的に行動を起こせると思うのです。
冴える時間帯と眠い時間帯でやることを決めておいたり、眠い時間帯は休息や気分転換にあてる。

せっかくもっているリズムなのですから、緩急よく使い分けていけばもっと良くなると思うのです。

絶好調リズムを知ろう。

追記(2006.02.19記)

欲張って全部冴えている時間にしたいなんて人もいます。
でも、それをやってはきっと脳が悲鳴を上げます。
過ぎたるは及ばざるが如し、とも言いますよ。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク