トップ > コラム > コラム No.443
 
トップ > コラム > コラム No.443

#443 / 2006.01.22

あとだしウィンカー

曲がるときや車線変更するとき、ウィンカーはどのタイミングで出していますか?

ステアをきり始めてからウィンカーをあげる人がいます。
本来、それは間違った使い方です。

ライト類は、クルマの存在やドライバーの意思を示すために存在します。
ことウィンカーは、どちらの方向に向かいたいか、あるいはを渋滞を示す目的で使うものです。
「あとだしウィンカー」をしてしまうと、いきなりの右左折や車線変更したように見られます。
するとあなた本人は意図しなくても、周囲の目にはあのクルマは自分勝手なドライバーだねと映るのです。

要は、出し方の問題です。

よくテレビなどでは、さんざん期待させておいてCMをはさんであとだしする手法もあります。
でも、テレビの手法とごちゃ混ぜにしてはいけません。
公道では一瞬一瞬が事故に繋がる危険性をはらんでいるのです。
カーテレビでもなければ、テレビで事故を起こすなんてことはまずありません。

意地悪でつまらない人ほど、あとだしを好みます。

何かミスをすると、「あの時、私はきっとやらかすんじゃないかと思っていた。」という人がいます。
本人は、それでチクリと指したつもりでいます。

あの時どう思おうが、まったく意味のないことです。
あとでいくらでも付け足せる「あの時」発言なんて、信憑性はゼロでしかありません。
結果起きてしまったことを評論家よろしく「あの時」発言することは、バカを晒すようなものです。
責任も取らず言いたいことだけ言うような、愚かな人間になってはいけません。

あとだししなくなるようにするためには、日々の習慣からです。
まずは、ウィンカーを割愛しないドライビングを心がけてみてください。

あなたから意思表示しよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク