トップ > コラム > コラム No.440
 
トップ > コラム > コラム No.440

#440 / 2005.12.31

「ゴメンネ」

天井の汚れをおとし、内側から窓を拭く。
シートやダッシュボードのホコリを取り除き、足元のゴミや小石をすべて片付ける。

車内だけではありません。
ボンネット内部、ブレーキパッド、スペアタイア。
見えないところだけに、最適な状態を維持しつづけておきましょう。

今年一年、お世話になった愛車のために、できる限りのことはするのです。
ショップ任せや洗車機だけで終わらせません。

少しふり返ってみれば、今年もいろいろ負担をかけてしまったなと反省です。
炎天下にエアコン全開で走ってみたり、 暖機も済んでいないのに高回転までまわしたり。

これはクルマだけに限ったことでもなくて、人間関係もそうです。

かけてしまった負担を、「ゴメンネ」の一言で済ましてはいけないと思うのです。
本気で「ゴメンネ」したいのなら、言葉じゃなく行動で示さないと意味がないでしょう。
そのためにはまず、相手の負担を自分のこととして受け止められる人間にならないといけませんね。

ブラックボックス化されているとはいえ、クルマは結局、人間の産物です。
いくら言葉は発しなくても、雑につかえば機嫌だって損ねるものです。

「ゴメンネ」は、人間関係だけで終わさないようにしましょう。
物言わぬクルマだからこそ、きちんと「ゴメンネ」してあげましょう。

忘れないうちに「ゴメンネ」をしよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク