トップ > コラム > コラム No.434
 
トップ > コラム > コラム No.434

#434 / 2005.11.20

見る方向

バックが苦手な人は、後ろが見えていない。
幅寄せが苦手な人は、助手席側が見えていない。

見えていないのではなく、見ようとしていないのではないですか?

死角を理由にしてはいけません。
死角はどこにでも発生するものです。

運転中は、なるべく全方向を見なければなりません。
しかし、そうは言っても凝視するわけにはいきません。

まんべんなく見て、要所をつかんでいくことです。
いけるかどうかの判断はそれからの話です。

それもなしに突き進むのは、狭い路地裏で止まろうともしないオバサンドライバーと同じです。
根拠もなしにギリギリ行けるというのは、愚かでしかありません。

あらゆるところを見てみましょう。
「見えないから」という理由で見ないことを正当化させてはいけません。

あなたは、見ようとしていますか?

見えないところに注目しよう。

サイト内リンク