トップ > コラム > コラム No.432
 
トップ > コラム > コラム No.432

#432 / 2005.11.04

つくも

長い年月にわたって物を使いつづけると、それはいつか、九十九神(つくもがみ)になります。

九十九神は、あなたの手入れをしているさまをつぶさに見てきた神様です。
物に対してどんな扱いをしてきたかを、すべて知り尽くしている神様です。

なおざりにしてきた物はありませんか?

ホコリまみれにしていませんか?
見えないところに追いやっていませんか?
どこにやったかも忘れ去ってしまっていませんか?

クルマのボンネットと同じです。
たいていの人はボンネットを開けようともしません。

怖いからといって、開けるのをためらってはいけません。
手入れを人に任せっきりにするのも、よくありません。
「いつか開けよう」というセリフは、「絶対に開けない」と同義語です。

すべて、あなたの助けになるために生まれてきたのです。
感謝もされず、手入れもされず、ただ黙って役割を果たした彼達は、 きっとあなたをゴミ地獄へ陥れようとするでしょう。

できるところくらいは、あなたが手入れしてあげませんか?

ボンネットをあけよう。

追記(2005.11.04記)

つくも神は、付喪神とも。
霊格の高い神様で、あなたを後押ししてくれるそうな。

サイト内リンク