トップ > コラム > コラム No.380
 
トップ > コラム > コラム No.380

#380 / 2004.11.25

ハッピーヴィークル

なんで僕をロースペックマシンとして、貶めるのかな。

そりゃあんたが前に乗ってたクーペに比べりゃ、加速も鈍いし、同じようなのがそこらにたくさん走ってるし。
高級感だって、レクサスやインフィニティあたりとは比べようもないよ。
何てことない。
ただのファミリーカーだってことは、自分が一番分かってる。

それにしては、随分とへりくだるのが好きだね。

謙譲の精神はわかるけれども、そこまで言わなくてもいいんじゃないかい。
むしろ卑下することで悦にひたってるようじゃ、救いようがない。

例えば、贈り物をするたびに「つまらないものですが」なんていうけれど、 贈られる側にしてみたら、本当に「つまらないもの」なら贈らないで欲しいね。
それから「愚」って言葉。
今でこそあまり使われなくなったけれど、自分の身内に対して「愚妻」や「愚息」って言葉があったよね。
さすがに「愚車」ってのは、一度も聞いたことないけどさ。
そこまで身内を貶めてへりくだっちゃうのって、やっぱり変だよ。

きみ1人だけじゃない。
国内を走るドライバーは、ほとんどみんなそうじゃないのか?


謙遜と卑下は違います。

謙遜することがいけないというわけではありません。
謙遜を美徳とするこの日本という国で生きる以上は、謙遜も必要です。
というよりは、一方的に自慢して相手を辟易させないようにするための、ささやかな知恵なのかもしれません。

ここで言いたいことは、必要以上に謙遜しすぎない、ということです。
目前の相手に対してへりくだることで、自分の支援者を貶めていませんか?

相手だけしか見ないから、ぎくしゃくするのです。
相手と支援者は、ともにスマートに立てることが大事です。


勘違いしないで欲しい。

僕は、幸せを運ぶために生まれてきた。

広い室内は、乗る人みんなの開放感のため。
大きな荷室は、幸せな生活のお役にたてるため。
そして加速が鈍いのは、寝ている家族をビックリして飛び起こさせないため、さ。

けっして、きみの卑下のために生まれたわけじゃない。

質感や走りだけじゃないんだよ。
大事なのは、「一番身近な人にあなたは幸せを与えているか」ってことじゃないか?

支援者こそハッピーにしよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク