トップ > コラム > コラム No.375
 
トップ > コラム > コラム No.375

#375 / 2004.10.24

想いの伝え方

例えば自分の好きな人とデートしている時、 自分の想いを伝えようとするなら、どんな行動をとればいいのでしょう?

ドラテクで魅せること?
照れ隠しにクルマに関する知識を披露すること?
それとも、別れ際にテールランプ5回点滅すること?

自分がモテモテで運転技術や知識に長けているのなら、それはもしかしたら「あり」かもしれません。
しかし私は、一介のしがないドライバー。
そこまでできる技術もないし、また勇気もありません。

私には、小手先で見せるような技術はありません。
愚直ですが、いつでも直球勝負なのです。
だから、自分の言葉で直接言うしかないのです。

そんな自分の経験則で言えば、下手に飾らないことです。

普通に走って、普通にしゃべって、普通に笑って。
奇をてらわずに自然に振舞えば、無駄な力は必要ありません。

見せることはもちろん大事ですが、 肩に力が入っている時ほど、相手に見透かされているものです。

見せなくともいいのです。
自分の雰囲気だけでも伝われば、それはそれで御の字です。

まずは口ベタでもいいから、思い切って言葉にしてみましょう。

小手先で見せる見栄なんかより、素の自分で魅せていくのです。
別にいいではないですか、カッコつけなくとも。

ありのままを伝えよう。

追記(2004.10.24記)

ドライブデート中の人への応援です。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク