トップ > コラム > コラム No.37
 
トップ > コラム > コラム No.37

#37 / 2001.07.21

アナログマシン

1999年、トヨタヴイッツに試乗させていただいたときに気がついたことです。
速度計がデジタル仕様でした。
近い将来にはみんなデジタル化していくんだろうと、当時思っていました。
3年も前の話です。

あれから3年、デジタルメーター搭載車はヴイッツ以外見たことがありません。
メーターに関して言えば、まだまだアナログ全盛のようです。

ただ、デジタルが悪いとは思いません。
腕時計はデジタル派、アナログ派とどちらも同じくらいいます。
通信回線にしても、電話回線だけでなくISDN(デジタル)回線もあります。

どちらかが優れているとは思いません。
結局、メーターの良し悪しは、ドライバーの主観なのです。

デジタルでしか時計がわからない子供ならば困りますが、 義務教育を経てきた大人ならば、アナログメーターの読み方くらい熟知しているでしょう。
だから、デジタルアナログどちらでもいいのです。

ちなみに言えば、私の場合、メーターは針で示すアナログ派です。
ぱっと見で概算できるし、何より速さを感じるのはアナログメーターだと考えています。

これは性別によるものかもしれません。
男性は視覚と聴覚が、そして女性は味覚、嗅覚および触覚が発達していると言われます。
もっと言えば、男性は視覚60%、聴覚20%です。
だから私も含めた男性は、ほとんどの情報を目と耳から仕入れていることになります。
運転中はいろいろな所を見なければならないので、ぱっと見でわかる必要があります。

メーターにこだわろう。

サイト内リンク