トップ > コラム > コラム No.36
 
トップ > コラム > コラム No.36

#36 / 2001.07.21

ドライブ de ダイエット・2

カフェインは凄いです。

とあるコーヒーショップで、小冊子をもらいました。
それは、社団法人全日本コーヒー協会 作成によるもので、コーヒーに関する研究結果と、体への効果が記されていました。
香りと脳の働き、ストレス緩和、集中力回復、抗菌作用、めまいや動脈効果の予防、 それから痴呆の改善と、まさにコーヒーは飲むクスリであったわけです。

なかでも、私が注目したのは「コーヒーのダイエット効果」という記事です。
研究したのは、京都府立医科大学の講師の先生です。
その結果、カフェインは体の脂肪を燃やしエネルギー代謝を活発にする食品だとわかりました。

脂肪には二種類あります。白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞です。
白色脂肪細胞は、中性脂肪を蓄えてエネルギーを貯蔵する細胞です。
そして褐色脂肪細胞は、体内の余計なエネルギーを燃やして熱に換える働きがあります。
ただし、褐色脂肪細胞は哺乳類のみ持つ細胞です。
人間では首の後ろ、心臓、腎臓、脇の下の4箇所にあります。

私は、カフェインは眠いときだけ摂取するものだと思っていました。
ところが減量効果もあったとは、はじめて知りました。

ドライブには、覚醒、ストレス緩和、集中力回復、そして減量に効果のあるコーヒーがおすすめです。
ただし、バランスのとれた食事と充分な運動は忘れずに。

信号待ちで缶コーヒーを飲もう。

サイト内リンク