トップ > コラム > コラム No.350
 
トップ > コラム > コラム No.350

#350 / 2004.06.05

シアワセノオーラ

人を幸せにする言葉があります。

「ありがとう」
「きっとできる」
「信じている」

他にもたくさんありますが、一言で言えば「前向きな言葉」です。
これらの言葉が、相手も自分も幸せにする言葉です。
自分が発することで、聞く人すべてによい暗示をかけているのです。

反対に、人を不幸にする言葉もあります。

「無理」
「あ〜ぁ」
「やっぱり」

こうした後ろ向きな言葉は、自分だけでなくそれを聞いた他人すらも不幸にしてしまいます。
これらは悪い暗示として人をどんどん後ろ向きにします。
後ろ向きになるから、何もしなくなる。
これの繰り返しで、どんどん不幸になるのです。


人は不思議なもので、意識していないうちにオーラを出しています。

言葉だけでなく自分のしぐさや雰囲気すらも、すべてオーラとして発しています。
それが相手に幸せを与えたり、あるいは不幸せにしたりするのです。

例えば、ため息をよくついたり、嘲笑グセのある人は、幸せにはなりません。
これをされると、相手は間違いなく不快になる。
そして気づいたら、誰も周りにいなくなるのです。

よく人が集まってくるという人がいますが、「お付き合いでつきあってもらっている」だけかもしれません。
そこに勤務先以外の友人は、いったい何人いますか?

今まで何度も書いていますが、常に「今の状況が分相応」なわけです。
付き合う友人達もそうだし、今いる環境なんてのもそう。

どれだけ親を大切にしたか、今おかれている環境に感謝しているか、 今どんなクルマに乗って、どれだけメンテナンスしてあげているか。
人や環境、あるいは物にたいする一つ一つの愛情が、その人の幸せに繋がるのだと思います。

あくまでもあなたの送ってきた半生が、結果、今の状況として現れているだけです。

だから、今からでもいいです。
できる限り前向きにいこうとすれば、きっと幸せはやってくるものです。

グチらず、くさらず、そして真摯に今を受け入れるのです。
へこんだ時ほど、あなたの真価を見せつけるチャンスです。

過去は変えられません。
しかし、未来はいくらでも変えることができるのです。

これは誰にでもいえることです。

生きている限り、いいときも悪い時もあります。
私だって、今がどん底なんてのはしょっちゅうです。

落ち込んだら、あとはひたすら這い上がるだけ。
捨てるものが無いことほど、強いものはありません。
幸せは、それまでの積み重ねが無いことには生まれないのです。

ガケっぷちから這い上がろう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク