トップ > コラム > コラム No.347
 
トップ > コラム > コラム No.347

#347 / 2004.05.19

横顔

高速バスに乗ると、ちょうど併走する大型トラックのドライバーと同じ目線になります。

よく小さい子供にむかって、「トラックは危ない」とだけ教えていませんか。
呪文のようにトラックは危険だと繰り返し洗脳していませんか。

それは、プロのトラックドライバーに対して失礼です。

普段、私達は乗用車に乗っているから、トラックドライバーの視線で見ることはありません。
だからこそ、機会があればトラックドライバーの視線で見て欲しいのです。

彼らの横顔は、とてもカッコいいです。

真剣なその眼差し。
ひき締まったその口元。
安全に目的地まで向かおうとするその意思。

それらがすべて横顔に表れています。

確かに疲労もたまりやすく、また過酷な職業ではあるでしょうが、それ以上に真摯な姿勢で走るプロドライバー。
その姿勢が、とてもカッコいいのです。
そんな彼らが操るトラックだからこそ、安全確実に荷物が送り届けられる今日が成り立っているわけです。

単純にボディが大きいといったことだけで「とにかくトラックは危ないもの」とする考えは、 トラックを生業とするプロドライバーに対して、非常に失礼ではありませんか?

プロドライバーの横顔ほどカッコいいものはありません。
今度、高速バスに乗ったら、プロドライバーの横顔を見てください。
きっと、カッコいいと感じるはずです。

横顔で語ろう。

サイト内リンク