トップ > コラム > コラム No.346
 
トップ > コラム > コラム No.346

#346 / 2004.05.12

公道ワークス

人生も公道も、まったく同じです。

一見すると、みんな普通に走ってるように見えます。
でも、よくよく見れば2種類のドライバーがいます。

サンデードライバーとワークスドライバー。

あくまでも例えですが、 「無難に安全に目的地まで走りとおすこと」を主眼として走るサンデードライバーと、 「現状に甘んじないで、常に進化し続けること」を主眼とするワークスドライバーの2種類です。

どちらが良くてどちらが悪だという話ではありません。
走るだけなら、免許さえあればどっちだっていいのです。

でも結論を言ってしまえば、ワークスドライバーになることをお勧めします。

なぜならサンデードライバーには、3つ見えていないことがあります。
1つは、自身が見えていない。
そして、周囲も見えていない。
さらに言えば、未来も見えていないのです。

周りに比べて遅い速度で自分が障害になっていることに気づかない人。
歩行者や自転車、あるいは対向車なんて気にせずガンガン突っ込んでいく人。
1秒後に飛び出してくるとか、車線変更してくる、あるいは右折するとかそういった予測ができない人。

これらは、すべて「見えていない」ことが原因です。

なんとかぶつけず走り続けてきたといわれそうですが、それは「あなたが守られてきた」からです。
あなたの「独走」に対して、相手が急ブレーキをかけたり我慢していたから、うまいことトラブらなかったに過ぎません。
相手は心のなかで舌打ちしてたかもしれませんが、声には出さなかったのです。
それに気づかなければ、あなたはいつ加害者になってもおかしくありません。

今の私達と同じです。

与えられた仕事だけで終わる人と、そこからいろいろ試して効率化してみようとする人。
定年まで平穏無事に勤め上げようとする人と、技術から何からきっちり盗んで独立してやろうと考えている人。
学力判定表を信じて無難な進路先を選ぶ人と、もっと勉強して本当に自分の行きたい進路に進もうとする人。

考えてみれば、人生、常に二者択一なわけです。

もちろん無難に生きるのもいいです。
あえて危険を冒すまでもないでしょう。
それだって走れるのだから、十分なわけです。

でも、それでは「その他大勢」でしかありません。

要は、冒したリスクの分だけ、人生が開かれるのです。
1度しかない人生、他人と同じような人生なんてつまらないではありませんか。

いい加減、ぬるい集団から抜け出してみませんか?

ワークスドライバーの精神を持とう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク