トップ > コラム > コラム No.317
 
トップ > コラム > コラム No.317

#317 / 2004.01.04

2つの円環

円環が2つあるとします。
1つは「○」の字型、もう1つは「C」の字型です。

○とC。

○字型を見ると、C字型円環の欠けている部分に目がいってしまいます。
でも、○とCの違いなんて、たかだか繋がっているかいないかの違いだけなのです。

欠けている場所に目がいってしまうから、他のつながっている部分に気がつきにくいのです。

誰もが減点法で考えすぎなのです。
パーフェクトな人間などいないのだから、ここがダメ、あそこがダメとダメだししていったら、 みんなダメ人間にしかならないのです。

パッと見で判断できる箇所だけでダメだと判断するのは、つまらない考えです。

ドラテクも同じです。
車庫入れ、縦列駐車、シフトダウン。
そこを欠点とする人は、非常に多いのです。
いくら免許を持っていても、普段やっていないと、なかなかうまくはいかないものです。

うまくいかないから、自分も他人も欠点として見えてしまうのです。
でも、そこを卑下したり、あるいは叱咤されたりする覚えは、まったくないわけです。

そんなチマチマした欠点なんかより、長所に目を向けて伸ばしていけば、欠点分はチャラどころか大きくプラスに変わるのです。

パーフェクトな人間はいません。
だから、短所ばかり見ても仕方ありません。
それより大事なのは、長所をどう伸ばすかなのです。

減点法より加点法で採点してみよう。

追記(2004.01.04記)

今年も全力で駆け抜ける人を、ぴゅあどらは応援します。

サイト内リンク