トップ > コラム > コラム No.315
 
トップ > コラム > コラム No.315

#315 / 2003.12.28

シーズン・ラヴァーズ

冬が好きです。

夜空見上げて、蒼い月。
天空輝くペテルギウス。
県境にある国道沿いのコンビニの影でひとり、熱い缶コーヒーをすする時。

澄みきった夜に見る星空は、言葉ではあらわせません。
この情緒を味わうためにこそ、冬を過ごしているとさえ思うのです。

でも、冬に泣かされたことも、数知れずあります。
むしろ、泣かされっぱなしです。

吹雪の中、何度、即席ラリードライバーになったことか。
発進、加速、停止。
すべてに高度な技術を求められ、命の縮まる経験もしました。
凍結路では、信号で待つ前のクルマの、ギリギリ直前10数センチで止まったこともありました。

ドライバーの技術だけでは、乗り切れないこともあるのです。

走るのは、あくまでもクルマです。
ドライバーは、その指示を出しているに過ぎません。

こと冬は、凛とした季節感と引き換えに、寒さゆえの悩みがあるのです。

それでも季節を愛する人。

思えばいつの季節でも、その時期特有の悩みがあります。

春は、工事に眠気に新入児童。
どこに行っても、人とクルマの列ばかり。
子供や他県ナンバー車が、ヒョイとばかりに出てくる怖い季節。

夏になれば梅雨もあり、台風もあり、虫もあり。
バッテリーも上がりやすいのが、この季節。
人もクルマも夏バテの季節。
また海岸の潮風は、ボディのサビる原因にもなってしまいます。

秋は秋で、朝晩の気温差と日没の早さ。
山岳道路は、路肩の落ち葉も注意しなければいけません。

でも、そんなわずらわしさも全部ひっくるめて、季節を肌で感じられることがとても気持ちいいのです。

冬を愛する人は、春を願う人でもあります。

冬は確かに身動きがとりにくくなります。

朝は寝起きがつらいし、吹雪や凍結で移動もままなりません。
冬の寒さが行動力を奪いがちです。

それでもなお、来るべき春のために行動を起こすのです。

春になれば雪も解け小鳥もさえずるでしょう。
南からの春風とともに、蒔いておいた種が芽吹きだすでしょう。

「四季における冬」という話ではなくて、「人生においての耐える時期」という話でも同じです。

受験勉強にいそしむ学生さんもいれば、プロジェクトが終了するまで骨身を削って働く社会人もいます。
本分に勤しんでいる人は、今が一番辛い時期だと思います。
本分も大事ですが、そうした辛い時期こそ、思い切って別のことを始めてみるのです。

自分でしたことのなかったタイア交換に挑戦するだの、自動車整備士の資格取得に励むだの、なんでもいいのです。
興味のあることを興味があるというだけにとどめておかず、自分に取り込んでみるという姿勢です。
そのために、まず触れてみることから始めるのです。
つまり、節操なく種を蒔いておく、ということです。

私の種。

さて、私は今、Webアクセシビティについて本気で取り組んでいます。
健常者であるなしにかかわらず、誰にでも読めるサイトです。
これを当サイトで実現させようとしています。

以前テレビで、乙武洋匡さんが運転免許を取るまでのドキュメントを放送していたので見ていました。
乙武さんは、「五体不満足」の著者です。
特注の三菱・デリカで免許を取り、仙台まで遊びに来た様子を放映していました。

私は、気づきました。
これは、今までは乗せてもらう側だった人が、ドライバーとして動ける選択ができるようになったということです。

ということは、思いを分け隔てなく伝えるには、動画がどうの、デザインがどうの、 という見栄えだけではいけないということです。
もちろん文章力をあげることも大事ですが、まずはどんな境遇の人にもわかりやすく読めることが先決なのです。
読んでくれた人がどうあろうとも、確実に読める、そしてわかる。私宛てに苦言もだせる。
こういう仕組みに変えていくことは、管理人である私しかいないのです。
それから、当サイト自体もWebアクセシビティに取り組みはじめました。
インターネットエクスプローラやネットスケープだけでなく、 音声ブラウザや画像なしブラウザでも読めるように勉強している途中です。
現に、文字だけのブラウザでもちゃんと読めます。

これは、私なりの種です。
やっと少しずつ、芽が出始めてきました。

種を蒔きましょう。

今、種を蒔いておけば、きっと芽は出ます。

いつか春は来ます。
それは新しい季節の幕開けとともに、この凛とした季節、このいま耐えるべき時期を越えたときに、 新しい花を咲かせましょう、ということなのです。

年が明けたらとか、何が終わってから、ではなく、今すぐはじめてみよう、ということです。

今すぐ、新しい種を蒔こう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク