トップ > コラム > コラム No.287
 
トップ > コラム > コラム No.287

#287 / 2003.08.20

フレグランス

車内のニオイが気になる人は多いです。

世に、芳香剤はたくさんあります。
甘い香りのする葉っぱや香り玉、果ては自分で調合できるものまであります。
当然、車内を自分の好きな香りにできます。

ここで、あなた以外の同乗者があなたのクルマに乗ったとします。

「気分が良くない」と言われたら、気をつけなければいけません。
たいていは、ニオイが原因だったりします。
同乗者が言えば伝わるでしょうが、ドライバーに悪いのでなかなか言いだせません。
よっぽど気の知れた仲でなければ、面と向かっては言いにくいものです。
また、ニオイは実体が見えず、しかもニオイに慣れているドライバー自身は、気がつかないものです。

市販の芳香剤は、たいてい強力な芳香を伴います。
「微香」でも、締め切った車内では臭気ガス以外の何者でもありません。

芳香剤として入れるなら、天然のハーブから抽出したエッセンシャルオイルがいいです。

エッセンシャルオイルの効果は、2つ。
1つは空気中のダニやカビの殺菌、もしくは分解効果。
もう1つは、ストレス解消やリラックス効果です。
付け加えるなら、天然物なので子供を乗せるときでも大丈夫、ということです。

この時、ほのかにしか香らないので効いているか心配になります。
でも、ほのかでも十分効いています。

むしろ、ほのかに香るくらいで十分なのです。

ここで大事なことは、「やりすぎないこと」です。

厚化粧やウォーミングアップと同じです。
やりすぎることで、むしろ失敗してしまうのです。

化粧が濃いと、首筋に白粉の輪郭線が浮かんでしまうし、何よりケバ臭いのです。
せっかくの美人でも、臭い能面では引かれてしまうのです。
また、ウォーミングアップも同じで、試合前は体を温める程度でいいのです。
例えばプロの野球投手は、しっかり投げるために登板間隔にあわせて調整しています。

携帯電話の音量や、結婚式のスピーチと同じです。
いいカッコしようとするから、無駄にうるさく、無駄に長ったらしいものになってしまうのです。

100点を出そうとするから、変な方向に空回りするのです。
60点あたりを狙っていくくらいで、十分に御の字なのです。

香りと同じで、ほのかなくらいがちょうど良いのです。

過ぎたるは、及ばざるが如し。

追記(2003.08.20記)

とかなんとか書いていますが、私は備長炭のツブツブを灰皿に入れています。
自分のクルマは無臭でいきます。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク