トップ > コラム > コラム No.272
 
トップ > コラム > コラム No.272

#272 / 2003.06.17

誓い

「コイツだけは大事にする」

初めは、みんなそう誓います。

数年経っても続いている人もいれば、数年経つと冗談に終わる人もいます。

続かないのは、なぜでしょう。

例えば、クルマ。

クレジットやローンを組めば、手の届かないクルマでも手が届きます。

クルマ自体、高価な買い物だからローン組むのは仕方がないでしょう。

それでも、労せず手に入ります。

例えば、恋人。

まず見るのは、みんな容姿や収入ばかりです。

付き合って何を得られるか、多くの人はそればかりしか考えていません。

とりあえず適当にデートしてエッチしちゃえば、なんとなく自分のものになったような気がするのかもしれません。

 

自慢するためだけのものが欲しいのですか?

 

金貸しや性が恥ずかしげもなく侵出したせいか、こらえる人が少なくなってきたように感じます。

とりあえず、ゼロでもものは手に入るのです。

苦労しない分、簡単に手に入るものだと思ってしまうのです。

でも本当に怖いのは、借金ではなくものが気楽に手に入ることです。

楽に手に入れたものほど、気楽に手放せてしまうものです。

人間、何か1つでも大事にした経験がないと、ぞんざいになります。

大事にできないから、続かない。

それだけの話だと思います。

「大事」という言葉が、どれだけ重いか知っていますか?

 

続かなくて嘆く人へ。

 

あなたに余計なのは、プライドです。

仕事が続かないのは、自分は特別だと勘違いしているから。

クルマを替えたがるのは、見栄やステータスを自慢したいから。

恋愛でうまくいかないのは、あなたが求めすぎるから。

 

まずは、誓いましょう。

それこそ「コイツだけは大事にする」です。

誓いを貫こう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク