トップ > コラム > コラム No.251
 
トップ > コラム > コラム No.251

#251 / 2003.04.02

ニコイチ

2つのものを1つにすること。
これを、ニコイチと呼びます。

本来は、修理の一手段でした。
エンジンやバンパーなどをダメにしてしまった際に、事故車両の使える部分を流用して修理するのです。

クルマでよくあるニコイチは、他車のフロント部分を移植する方法です。
なかでも日産・180SX(ワンエイティ:絶版)に日産・シルビアの顔を移植したシルエイティは、 マンガの影響もあってよく知られています。
180SXの事故車を修理するためにフロント部分にS13型シルビアのパーツを移植したことが、始まりと言われています。

180SX純正の重いリトラクタブルよりも、リトラクタブルでないシルビアの顔をつけたらどうかとなったのです。
結果、フロント重量の軽くなったシルビア風180SXのできあがりです。
こうしてシルビア顔の180SX、すなわちシルエイティが誕生しました。

これは流用したことで、変化が生み出された一例です。

流用と言っていますが、要は「取り入れること」です。
そして流用は、変化を生み出します。

他人の言葉は、時に変化のタネになります。
自分の価値観を覆すような言葉に出会うことで、正しいと信じて疑わなかったことが誤解に過ぎなかったりします。
もちろん、その逆もあります。

言葉だけでなく、経験も同じです。
普段、自分から触れないような本や映画を勧めてもらったときに、 敬遠するよりも試しに触れてみると新しい驚きがあるかもしれません。
そこで受けいれられるものは、自分のものにもなります。
例えばよく「受け売りだけどね」という人は、自分に取り入れてうまく昇華させた人です。

いろいろなものを取り込んでみるから、自分が深まるのです。

逆に、自分にとって心地よい言葉しか受け止められない人間は、底の浅い人間です。
熱狂的な信者にヨイショされて有頂天になっている独裁者ほど、変わろうとしないのはそのためです。

「毒も薬もとりこんで、生きる免疫をつけよう」

つまり、どれだけ取り入れてどれだけ昇華できるか、という話です。

信念を、ニコイチしよう。

追記(2003.04.02記)

180SXは、ヘッドライトがリトラクタブル式です。
リトラクタブル式とは、ヘッドライトが開いたり閉じたりすることをいいます。
かつてはスポーツカーを中心に広まりました。
しかしフロントが重量増となるため、今の国産新型車ではめっきり減りました。

サイト内リンク