トップ > コラム > コラム No.236
 
トップ > コラム > コラム No.236

#236 / 2003.01.25

シックスポケッツ

6つのポケット。
両親、父方の祖父母、母方の祖父母。
近年の少子化も手伝って、親祖父母がこぞって数少ない子供にお金を費やすのです。

でも子供は、車内においてそれほど大事にされていないようです。

信号の意味も知らず、横断の仕方も躾けられてなく、ましてや親も叱ろうとしていません。
親も親で、車内は抱っこでいいと済ませてしまうのです。

子供を殺す手段にしては、なかなか上出来です。

40km/hで衝突したら、抱いている10kgの子供は300kgに匹敵します。
K-1の人気格闘家ボブ・サップですら、半分の160kg。
衝突時に抱きかかえていられるなんて、絶対に無理です。
かえって人殺しにとっては、遅い速度でも安全に実行できるメリットがあるのでしょう。

チャイルドシートはもちろんのこと。
子供に安全と危険の意味を、きちんと納得させることが大事です。

子供が嫌がるから諦めてしまった?
子供の戯言を1から10まで全部受け入れるつもりですか。
それではワガママなお子様が増えていくのも、うなずけます。

お子様だと特権階級に祭り上げられる、いかれたこのご時世です。

お金と愛情。
本当に注ぐべきはどちらか教えてもらいたいものです。

何を与えるべきか、見直そう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク