トップ > コラム > コラム No.232
 
トップ > コラム > コラム No.232

#232 / 2003.01.15

のぼり旗

のぼりの立つ店には、入りたくありません。

駐車場のそばに立つのぼりが、ひどく煩わしいのです。
店から道路に出るときに、がっかりさせられます。

のぼりのはためきで、車の流れがつかめないのです。
呼び込みのつもりが、皮肉にも客を遠ざけてしまうのです。
かえってのぼりを立てなくても、繁盛している店はいくらでもあるのです。

力を入れると空回り、力を抜けばうまくいくものです。

自分の行動が逆効果になってないか確認しましょう。
相手のためのつもりが、自己満足に終始していませんか。
癒すつもりが傷つけてしまっていたりしていませんか。

もちろんその好意には感謝しますが、だからこそ苦言を言いにくいのです。
もう少しだけ、相手の真意をくみ取るとなお素晴らしくなるでしょう。

少しだけ、力を抜こう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク