トップ > コラム > コラム No.21
 
トップ > コラム > コラム No.21

#21 / 2001.06.25

インパネ

インストゥルメントパネル、通称インパネ。
ダッシュボード、計器類、ステアリング、助手席エアバッグ等、乗員と接点の多い場所のことです。

インパネまわりが綺麗だと気品を感じます。
といっても、高級車にみられる本皮仕様や木目調パネルではありません。
どれだけ清潔にしているかということです。

清潔にしておくメリットは、気品を得るためです。

例えばダッシュボードには、よくほこりが溜まります。
こまめに拭いておくだけで、運転することが楽しくなります。
納車されたてのクルマに乗るとウキウキするのは、インパネまわりが清潔だからです。
そのクルマを初めて操る喜びからだけではないのです。

乗っている人間がクルマと一番接することができるのは、やはり内装です。
そして外装は、他人から見える部分です。いわば外面です。

極論すれば、クルマは所有者の人格なのです。
外装は他人にも見える部分だから、誰でも清潔にしようと思うものです。
でも、内装はおざなりにされがちです。

外面だけでなく、内面も清潔だと格好いい。気品が感じられます。
高級装備だけでは気品は得られないのです。

気品ある人のクルマはいつも清潔です。
インパネを清潔にしよう。

内面を磨こう。

サイト内リンク