トップ > コラム > コラム No.180
 
トップ > コラム > コラム No.180

#180 / 2002.08.14

行楽渋滞(トイレ待ち)

行楽シーズンです。
渋滞に巻き込まれやすい時期です。

渋滞にはまってしまったら、イライラしてしまうものです。
先を急ぎたいのに進めない状態。
これがストレスになります。

裏道を抜ける手もあります。
ですが、カーナビが普及してきた今日、地元の人間じゃなくても裏道がわかるのです。
だからみんな流れて、また渋滞してしまいます。
裏道を抜けて早く着いたつもりでも、実は裏道を行かなければもっと早く着くことだってあります。

知り尽くしている道ならともかく、不慣れな道では幹線道路を突き進むのが一番の近道です。

さて、長距離の渋滞で困るのが、トイレです。
大渋滞の高速道では、パーキングエリアのトイレですら長蛇の列になっています。
必死で我慢してトイレまできたのに、さらに待たされる。
さすがに我慢できません。

行楽シーズンに限らず、トイレは原則「先済ます、水飲まず」です。
トイレは高速道に入る前に済ましてしまう。
また、必要以上に水分を摂取しない、ということです。

子供がいたりすると、やたらジュースとせがみますが、与えなくて十分だと思います。
与えるなら、多くてペットボトル1本分のお茶がいいかもしれません。
ジュースは砂糖や果糖ブドウ糖類が多く含まれて甘味があるので、何杯でも飲んでしまいがちです。
だから、たくさん飲んでトイレが近くなります。

トイレに連れて行くことも大事ですが、それ以前にトイレの回数を減らすことが大事なのです。

原因を作らない。

サイト内リンク