トップ > コラム > コラム No.178
 
トップ > コラム > コラム No.178

#178 / 2002.08.14

行楽渋滞(渋滞時の楽しみ方)

どうしても逃げられない事態は、誰しも遭遇するものです。

ジタバタしても仕方がありません。

焦っても何も変わりません。

むしろ焦ることで、何か対策を立てているような気分に浸っているだけなのです。

でも、ヒロインを演じても、誰も見向きすらしません。

本人が満足しているだけです。

ならば、その状況をみんなでどう楽しむかが重要です。

渋滞待ち時間を、トークタイムに早代わりしてしまってもいいです。

昨日読んだ本の話題でもいい。

明日まで待てない楽しみごとを話してみるのもいい。

いきなり遭難したかのようにあきらめムードで身の上話を語られ始めたら結構悲しくなるが、それもまぁいいでしょう。

もし、みんなじゃなくてあなた一人しかいなくてもいいのです。

そのときは冷静に一人で考える時間ができた、ということです。

少なくとも、待ち時間を有効活用する手段を心得ておくとよいでしょう。

ただし、携帯電話はダメです。

操作画面や通話に夢中になると、流れ始めた時にすぐ反応できないからです。

それ以上に、あなたが自分の世界へのめり込んでしまうので、同乗者を突き放してしまいます。

せっかくの貴重な待ち時間、あなたなら何をしますか。

置かれている状況を楽しもう。

サイト内リンク