トップ > コラム > コラム No.168
 
トップ > コラム > コラム No.168

#168 / 2002.07.11

Anti-feminism

「負けられない、負けたくないわ」

アタシ、運転するといっつも煽られちゃうのよね。
なんで?軽だから?

でも、軽に乗ってるオトコ友達はみんな煽られないって言っているよ。
う〜ん、じゃぁアタシがオンナだから?
くやしぃ〜(涙)

女って辛いよね。
あたしも男だったら、って思うときが何度もあるもん。
ってゆうか、男と女の差って激しくない?
給料とか、仕事の幅とか。
結構、女って、不当な扱い受けてると思うなぁ〜。

ウチの会社の上司もそう。
何よあいつ、つまらない仕事ばっかり押し付けといて。
女だからあんまり認めたがらないのよねぇ、会社って。

とにかく、男には負けたくないの。
ぜーったい、男どもの鼻を明かしてやるんだから。


私は、フェミニストではありません。
フェミニズムが、大嫌いです。

「女だから」という、安易な逃げ道が嫌いです。
女だから認めてもらえないのならば、男だから認めてもらえないことだってたくさんあるはずでしょう?
でも、「男だから」という逃げ道は、聞いたことがありません。

私は、女だからこの程度でいいよ、なんて甘いことはいいません。
女性も男性も、同じくらい活躍できる時代なのです。
女だから適当に、という価値観は古すぎます。
個人としてどうなのか、という話です。

「女」を使うのは、自分の未熟さを適当に言い訳するための口実じゃないかと邪推したくもなります。

さらに被害妄想全開で、世間はいまだに男性優位だから男に負けられない、といった安直な女権拡張論もあります。
しかし、これは女性が一段劣っているという前提から始まっているから、間違っています。
はなっから女性全体の価値を貶めた立場で語っているところが、被害妄想全開で冷静な見方ができていません。

そもそも、一般的な男性の立場で言えば、女性と勝負しようなどとは全然考えてもいません。
勝負する時は、あくまでも個人として、です。

それでも「女だから」と語るのは、個人ではなくて集団の中の一員として見られたいだけなのではないですか。

とにかく「女だから」は禁句です。
もし、あなたが女性ならば、あなたが「女だから」と逃げたら、今度は個人として認めてもらえるようにすればいいのです。
あなたが「女だから」と罵られたら、女性であることを諦めないで、こう言い返せばいいのです。

「いちいち性別にこだわるな!」

一人の人間として生きよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク