トップ > コラム > コラム No.158
 
トップ > コラム > コラム No.158

#158 / 2002.06.01

あとでやろぉっと

掃除ができないADHD(注意欠陥多動性障害)のお嬢様がいたそうな。
母親は「アンタは遅いんだから」と、掃除道具を奪う事がしょっちゅうありました。
お嬢様も、お母さんが身の回り全てやってくれるからと、甘えていました。
だからお嬢様の部屋は、いつもきれいです。
でも、本人は整理整頓一切ダメ。
それがばれないように「どうせ汚れるんだから、あとでやろぉっと」が口癖なのですが、結局何もしないのです。

「解ってはいるけどぉ」が口癖ですが、やる気が無いので、ただのパフォーマンスに過ぎません。
たまに出てくる「今やろうと思ってたのにぃ」も、やはりパフォーマンスなのです。

そんなお嬢様も、免許を取りクルマを買いました。
買った当初はきれいでも、乗っているうちにだんだん汚くなってきます。
たまに洗車機で洗うこともあるのですが、車内は片付けていないのでゴミだらけ。
お菓子の空き袋や読みかけの雑誌、さらには捨てていない空き缶も放置しているありさまです。

「女の子の車を覗く失礼な男なんてサイテー。いざって時はあとでやるわ〜」
お嬢様は、この環境でも平気でした。

ところがある日、彼女はクルマを走らせていると、急なコーナーで空き缶が車内に転がってしまいました。
「あら、まぁいいわ。あとでやるから」
すると空き缶はゴロゴロ転がりブレーキペダルの下にもぐりこんでしまいます。「えっ?!」
と、数100メートル先の信号が赤に変わりました。

ブレーキを踏んで……減速しません!!
空き缶が、ペダルの踏み込みを邪魔しているのです。

「ヤダ?!何コレ!!キャーーーーー!!!!!」
ギギギギィー……ドーン!!!!!!!!!

すぐさまお嬢様は、病院へ運ばれなんとか一命はとりとめました。


空き缶が邪魔をする話はよく聞きます。
片付けられない性格がよんだ「人災」です。

片付ける原則はただ1つ。
「いらなくなったものは、すぐ手放す」ことです。
捨てるのはもちろん、売ってもいいし、あげてしまってもいいのです。
つまり、身の回りをシンプルにしておくことです。

中途半端に片付けて、片付けた気分になるのもいけません。
たとえばフライパン。
洗ってグリルや流しの傍に置いておくのは間違いです。
また、壁にかけておくのもNGです。
Dr.コパ氏によれば、どちらも風水的にもよくありません。

フライパンは、きちんとシンクの下にしまうのがベストです。

掃除はとっととやった者勝ちです。
屁理屈を並べているうちに、ゴミ袋が出来上がります。
汚さを嘆く間に、使い終わったらすぐに手入れして片付けてしまえばいいのです。

「今、やろうっと」と言おう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク