トップ > コラム > コラム No.142
 
トップ > コラム > コラム No.142

#142 / 2002.04.06

タイア交換

スカイダイバーは、降下前に必ず、パラシュートを自分でたたむといいます。
自分の命がかかっているからです。
ところがタイア交換は人任せにする人が多いのです。
確かにスタンドやカーショップに行けば、1本500円程度で交換してくれます。

理解できません。
タイアほど乗員の命を預けているパーツはないのに、なぜ安易に他人任せに出来るのでしょうか。

タイアの接地面など、1本あたりわずかハガキ1枚程度の接地面積にすぎません。
しかも空気圧抜けや磨耗、クギ刺さりなどタイア状態の悪化する要素は多いのです。

安全は自分で確保しなければなりません。
タイアに石が詰まってもほったらかし、溝が減っていてもおかまいなし、では最悪です。
タイアに限らず、最低限のメンテナンスは、そのクルマのオーナーがしてあげないといけません。

金を払ってタイア交換しているからいいや、ではダメです。
金を払って何が悪い、という人もいます。
しかし、メンテナンスのプロはきっちり仕事をしてくれますが、タイアの面倒までは見てくれないのです。

細かいところの最終確認は、すべてドライバーの責任なのです。

タイア交換費用をメンテナンスの勉強代にあてよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク