トップ > コラム > コラム No.141
 
トップ > コラム > コラム No.141

#141 / 2002.04.04

こすりキズ

クルマを愛している人ほど、愛車をこすったときに凹みやすいものです。
つねに完璧であるべき、と完璧主義に陥ってしまうからです。

キズを忘れた人間は弱いものです。

神童ともてはやされた小学生が、進学するたびに上がいることを痛感させられ立ち上がれないのと一緒です。
つぶれないと信じていた大企業が、あっけなく潰れてしまうのも同じ。
なまじ頑張っていい思いをしていると、どん底なんてありえないと思ってしまうものです。

ちょっとしたダメージでさえ、大げさにビビってしまうのです。
そして、何も出来なくなって自滅してしまう。
堕ちていくのはいつも、外因ではなく内因に他なりません。

強い人は、立ち直りが早いです。
クルマのこすり傷なんて、ホルツペンであっという間に消せるのですから。

キズはガンガン喰らっていきましょう。
グチグチいうなら、次の行動でチャラにすればいい。
ヒロインごっこは、自己満足しか生み出さないのです。

復活のスピードをあげよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク