トップ > コラム > コラム No.139
 
トップ > コラム > コラム No.139

#139 / 2002.03.27

待てっつの

AT普及率90%以上。
AT限定免許取得率50%。

クリープで走るクルマばかり。
ブレーキを離せば、クルマはズルズル進んでいく。
実に楽チンな乗り物です。

そのせいか「こらえ性の無い」人が、やたら増えたように思います。
信号待ちでフライングするドライバーのことです。

彼らは待つことが出来ません。
赤信号で数秒早く出だしても、次の信号で止まってしまうのに。
結局、大差ないのです。

お子様と何ら変わりません。
給食時間が近づくと、こらえきれずにそわそわしだす。
例え、前で誰かが話していようとも、妙にざわつきだす。
でも、食べ始める時間はかわらないのです。
フライングは、まったく意味が無いのです。

悲しいかな。
フライングは学校だけじゃないのです。
どこの世界にも少なからずあったりするのものです。

犬でさえ、待てとしつけられれば待つ。
人間ができないはずは、ないでしょう。

きっちり赤信号では停止しましょう。
待つことも人生です。

赤信号で忍耐力を鍛えよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク