トップ > コラム > コラム No.123
 
トップ > コラム > コラム No.123

#123 / 2002.01.07

脳醒

露天風呂は気持ちいいです。

私は銭湯に行くと、必ず露天風呂に入ります。
もちろん、泡風呂、サウナ、日替わり、電気風呂、あれば全て入ります。
水風呂以外は制覇しました。

でもやっぱり露天風呂が一番です。
屋内風呂と異なり、頭が冷やされるところがポイントです。

人のカラダは敏感にできています。
鼻腔内は涼しく、口内は湿度が保たれているのがよいと言われます。
それと同じで、頭部は涼しく脚部は温かいと快適だと感じます。
頭寒足熱とは、よく言ったものです。

これを応用すると、運転はより快適になります。
窓を開けて走ると気持ちがいいものです。
私は多少の曇天や冬晴れの日でも、握り拳大の隙間を開けて走ります。
思考を連続させている脳は、常に新鮮な酸素を求めています。

窓を締めきってエアコンに頼る人の、なんと多いことでしょう。
締めきった部屋は眠気を催すだけでなく、ホコリやチリのたまる空間と化します。
車内だけでなく、日常生活でも精神衛生上よろしくありません。

二酸化炭素の充満しきった寝起きの部屋より、風の吹き抜ける部屋が気持ちいいものです。

少しだけ窓を開けてみよう。

サイト内リンク