トップ > コラム > コラム No.115
 
トップ > コラム > コラム No.115

#115 / 2001.12.10

rhythm-D

私は運転中、音楽を聴いています。

親のクルマを乗り回していた頃は、カセットテープで聞いていました。
でも、テープが絡まってしまうこともありました。
今ではもっぱらCDです。
本当はMDデッキが搭載されていないだけです。
でも、CDデッキは12枚入りです。意外とそういうことには、私はお金を惜しみません。
最近では、主に輸入版ばかり聴いています。

MDは音飛びに強く、CDは音質が良いと聞いたことがあります。
でも、実際はそんなに変わらないようです。
録音しない分、CDはすぐクルマで聴けます。だからずっとCDで聴いていました。

新しいCDを買うときは、ウキウキします。
CD1枚に、想い出ができそうだからです。
いろいろ聴いていくと、その道にぴったり合うテーマ曲に出会えます。

雨の東北道。
夜明けの宇都宮。
夕闇の松島。

新しい道を走った時にも、偶然見つけることがあります。

後で聞きかえしてみると、あの街に行った、あそこで何をした、という記憶が蘇ってきます。
音楽1つに想い出があるとは、こういうことなのです。
だから私は、CDを買ったらすぐ載せて聴きます。

音楽を聴くと運転が楽しくなります。
脳への刺激になります。
刺激というと激しい曲のようですが、静かな曲もまた脳への刺激です。
例えば、胎教としてクラシックを聞かせる、なんていうのも脳への刺激なのです。

とくに男性は、音楽1つで燃えます。
味・嗅・触の3感覚に優れた女性に比べ、視・聴に長けた男性にはこれが有効です。
パチンコの軍艦マーチや男児向け戦隊ものが、リズミカルで勇ましい音楽であるのも頷けます。

でも、いつも激しい曲ばかりではつまらないものです。
たまに、バラードも聴くと、なかなかしっくりくるものです。

アップテンポとスローテンポ、このギャップが、また堪らなくいいのです。

音楽で、心を豊かにしよう。

サイト内リンク