トップ > コラム > コラム No.109
 
トップ > コラム > コラム No.109

#109 / 2001.11.23

ありんこ

会社のコラムに載っていた話です。
アリは働き者だという定義づけに疑問を抱いた、草野さんという方の話が載っていました。

要約すると、こんな話です。

アリは本当に働き者か。
そんな疑問から、アリの研究観察をはじめてみた。

砂糖を運ぶアリの列から、約100匹のアリを取り出してみた。
すると、たくさんのアリ達の他に、取りに行くふりをして途中から抜け出すアリ、砂糖を横取りして手柄を取ってしまうアリまで居た。
なかには、さっぱり働かないアリもいたという。
結果、約3割のアリは働いていなかった。

怠けアリはいた。
そこで働かないアリ達で、ある実験を開始した。

約30匹の働いていないアリ達だけを、空っぽになったアリの巣へ戻してみた。
そして改めて、新鮮な飴と砂糖を、近くに置いてみた。
すると彼らは、働きアリがいないことにおどおどしている様子だった。

しばらくして、ぼちぼちと砂糖を運び出すアリが現れた。アリ達はしぶしぶ働き始めた。
ところが、それでも働かないアリ達がいる。その数およそ10匹。
どんな状況でも、けして働かない強者達。

彼らはこのまま遊び通すのかと思った矢先、巣の近くを大きなだんご虫が横切った。
するとたちまち彼らは、自分よりも遥かに大きいだんご虫めがけて攻撃していったという。

だんご虫も負けじとアリ達を蹴散らし、巣へどんどん近づいて行く。
しかし遊びアリ達は、巣に近づくだんご虫に何度も立ち向かって行った。

程なくしてだんご虫は形勢不利になり、丸まってしまった。
そしてアリ達に蹴飛ばされ、コロコロと坂道を転げて行ってしまった。
それから遊びアリ達は、いつもの様にプラプラと遊び始めたという―――――

彼らは、いざという時のために力をためていました。

一躍、ヒーローになれるときは突然やってきます。
そんなのは予告してなかったじゃないか、ヒーローになれない人は必ずこう言います。
そもそも、予告されたら準備するという問題ではありません。
チャンスは予告せずに突然やってくる、そういうものです。
その時のために、準備は常にしておかなければなりません。

これは何事にも共通です。
予告されるのを待っている前に、自分で気づいて準備することが大事です。

クルマで言えば、チェーンや雪かきセット、スタッドレスタイア等の冬対策アイテムです。
旅に出るなら、資金や正確な地図も必要です。
自動車保険に入っておくことも考えておきたいです。
いくら最新式のカーナビがついていても、数年前の地図データでは肝心なところで役に立ちません。

もっと広く人生論で言えば、早くから準備していた者勝ちです。
外国に留学したければ、今日から外国語を勉強すればいいし、運転したければ真っ先に免許を取りに行っています。

輝ける人は、いざという時のために、気づいたときから着々と力をためているものです。
気がつくと、とうに追い越されていたりします。

虎視眈々とブチ抜く準備をしよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク