トップ > コラム > コラム No.1
 
トップ > コラム > コラム No.1

#1 / 2001.02.18

クルマはヒトを表わす

占い。
血液型やら星座やら、いろいろありますね。
しかし、読んでみると、はてなと首を傾げたくなるのもあります。

私は星座で言えば、うお座生まれです。
うお座はロマンチストが多いといいます。
でも、自分ではそう考えてはいません。
多分、一般論で言えばロマンチストが多いのでしょう。

一般論として括られてしまう事が実に多いものです。
「君の星座は?」
「うお座」
「なら、あなたロマンチストでしょ?」
一般論の怖いところはここです。頼みもしない固定観念を植え付けられていることがあります。

クルマもそうです。
あの人は型落ちのクルマに乗っている。
あの人は高級車に乗っている。
あの人は希少車に乗っている。

確かにクルマだけで、一般論的な評価が見えるかもしれません。
でも、それだけではありません。
あなたの本性までばれてしまいします。

外観はぴかぴかでも室内が汚れていたら、外面だけを気にする人かもしれません。
夏になってもスタッドレスタイヤを履いたままなら、クルマはとにかく走ればいいんだ、という大雑把な人かもしれません。
駐車場の白線をまたがって停めていれば、自分以外は関係無いという自己主義者かもしれません。

駐車場に停めているだけでもその人の本性がばれてしまうのは、恐ろしいことです。
どうせなら、見知らぬ他人にも自分のプラスイメージを与えましょう。

「あの人は、あのクルマに乗っているから」なんて固定観念は捨てよう。

サイト内リンク